漁師です、人は見かけによりません


by slldlrulew

<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が昨年4月の人事異動で降格させた職員3人について、職員を支援する弁護団は9日、降格を取り消した市公平委員会の判定に従っていないとして、市長を地方公務員法違反の疑いで鹿児島地検に告発した。

 昨年の人事異動では、課長級の50歳代男性が補佐級になるなど10人が降格し、うち3人が公平委員会に撤回を申し立てた。同委員会は今年2月、「不利益な処分を行う際は説明書を交付しなければならないとする地方公務員法に違反している」として、異動を取り消す判定をした。

 しかし、竹原市長は異動を取り消さず、弁護団は5月25日に市側に降格撤回を求める通知書を送付したが改善されないため、告発に踏み切った。

混雑区間は有料継続も=高速道無料化で―前原国交相(時事通信)
仙谷官房長官「首相とどなり合いしばしば」(読売新聞)
プロレスラー武藤敬司選手が接触事故(産経新聞)
信頼回復による再出発…所信表明全文<1>(読売新聞)
歯科治療中に2歳女児死亡=脱脂綿のどに詰まらせる―埼玉(時事通信)
[PR]
by slldlrulew | 2010-06-15 12:55
 中央省庁や独立行政法人の職員の提案の中から優れた政策を選ぶ政府の行政刷新会議の「政策グランプリ」が31日開かれ、国土交通省の係長が応募した「自動車登録手続きの簡略化」がグランプリに選ばれた。住所変更の手続きを住民票の代わりに免許証のコピーでできるようにするなどの内容で、枝野幸男行政刷新担当相は「しっかりと実を結ぶように進めていきたい」と述べた。 

【関連ニュース】
「鳩山降ろし」の兆し=社民離脱が打撃、政局流動化も
枝野氏「首相退陣は安易」=仙谷氏、社民と連携模索を
鳩山政権継続に理解を=枝野刷新相
福島氏罷免「やむを得ない」=仙谷、枝野氏
タミフル副作用で提訴へ=14歳転落死の遺族

ダフ屋グループ8人を一斉逮捕=暴力団資金源か―福岡県警(時事通信)
柏崎刈羽原発1号機、運転再開=中越沖地震後3基目―新潟(時事通信)
SS船長初公判 笑顔を浮かべる余裕も 入廷のベスーン被告(産経新聞)
ワクチン接種ほぼ完了=一部、反対農家残る―口蹄疫問題(時事通信)
16歳少年が中学生に自分有利な賭けマージャン参加強要 金脅し取る(産経新聞)
[PR]
by slldlrulew | 2010-06-03 18:02